サイトTOPへ ≫ K.I.H.S.WEBコラム一覧

K.I.H.S.WEBコラム一覧

2016/10/04 インターナショナルスクールの高等部、インターナショナルハイスクールとは?

インターナショナルスクールの中には高校生を対象に教育を行っている学校があり、一般に高等部(インターの高等部)と呼ばれます。高等部だけをもっているインターナショナルスクールはインターナショナルハイスクールと呼ばれることがあります。
続きはこちらから→

2016/8/23 今やスマホが勉強道具!? 英語アプリでLet's study

社会や経済のグローバル化が進み、日本企業も海外との関わりなしにビジネスが成立しない、という話をよく耳にします。ビジネスに限らず、最新の情報は英語で世界を駆け巡っており、国際的に「最先端」に立つには、実践的な英語力習得は待ったなしです。中学生や高校生の皆さんはビジネス英語と言ってもピンと来ないかもしれませんが、高校受験や大学受験のためだけに英語を学ぶなんて、もったいない限りです。
続きはこちらから→

2016/8/3 今やスマホが勉強道具!? 英語アプリでLet's study

グローバル化に伴い、今や全国各地にあるインターナショナルスクール。東京や大阪などの都市圏には特に多く、なかには世界で活躍できるほど高い英語力を身につけた生徒を多く輩出しているところもあります。
そんなインターナショナルスクールに通う生徒の間で今、スマホが勉強道具として活用されていることをご存じでしょうか。空いた時間に英語アプリを使って学習する、というように、今やスマホはコミュニケーションツールとしてだけでなく学習ツールとしての人気も高めています。
続きはこちらから→

2016/7/7 listen to music! 洋楽から英会話を学ぼう

グローバル化が進む現代社会において、東京・大阪をはじめとした全国各地に多くのインターナショナルスクールが登場しています。なかには外国人教員が在籍しているところもあり、東京や大阪、名古屋や福岡などのように外国人が多くみられる地域では、インターナショナルスクールの存在意義はそれだけ大きなものになっているといえます。インターナショナルスクールに通うことで、効果的に英語の習得を図ることも決して不可能ではありません。
続きはこちらから→

2016/6/12 歴史に名を刻む偉人に学ぶ! 英語の学習方法

国内外を問わず、世界には歴史に名を刻む偉人が数多くいます。そんな偉人のなかにも、積極的に英語学習に取り組んでいた方がたくさんいたということをご存じでしょうか。有名な偉人を挙げるなら、夏目漱石やシュリーマンがその例です。
そこで今回は、夏目漱石とシュリーマン、それぞれが取り組んでいた英語学習法についてご紹介します。
続きはこちらから→

2016/3/7 “真の英語力”を求める企業急増中! その真意に迫る

東京をはじめ、大阪や福岡などの大都市には、世界規模で活躍している企業が数多くあります。そのため人材獲得においても、ビジネスパーソンとしての能力にさほど違いがないのなら英語力を持つ方が優先的に採用される傾向にあるといえます。
では、企業が求めている“真の英語力”とはどのようなものなのでしょうか。以下にてご説明します。
続きはこちらから→

2016/2/25 日本は遅れ気味だった!? 海外の英語教育と比較してわかったこと

日本のグローバル化が進む現在、“英語の必要性”を改めて実感する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。例えば、観光に訪れた外国人から道を尋ねられたときや、店員として外国人を接客したときなどが挙げられます。今後、英語の必要性はさらに高まっていくといわれています。
そんななか、日本と海外の英語教育事情を比較してみると驚くべきことが分かりました。以下に、その旨を詳しくご紹介します。
続きはこちらから→

2016/2/16 覗いてみよう! 世界各国の英語教育 - 中国編

長らく中学校から英語教育を開始してきた日本も、2011年から小学校において新学習指導要領が全面実施されたことにより、公立小学校の5・6年生を対象に「外国語活動」が必修化されました。また、東京オリンピックが開催される2020年には「外国語活動」が小学3年生に前倒しになり、小学5・6年生では「教科」になるといわれています。このように英語教育への取り組みが加速している日本ですが、中国のような同じ東アジア諸国と比べると遅れているといわれることもあります。これは本当にそうなのでしょうか。ここでは、中国の英語教育事情についてみていきます。
続きはこちらから→

2016/2/6 覗いてみよう! 世界各国の英語教育 - タイ編

ASEAN構成国の一つであり、世界的にも知名度が高いタイ王国。ASEANのなかでは日本と特に交流が深い国ともいわれ、現在、多くの日本人がタイに在留、あるいは渡航しています。タイでの出来事は日本でもよく報道されるため、タイについて知っているという方も多いのではないでしょうか。
そんなタイにおける英語教育は、どのようなものなのでしょうか。以下では、タイにおける英語教育への関心の高さと、タイが直面している課題についてご紹介します。
続きはこちらから→

2016/2/1 東京オリンピックにLCC…… グローバル化により高まる英語の必要性

英語教育を受ける際には、「英語がどのように役立つのか」、「今後、需要はあるのか」というような、英語の必要性をしっかりと理解しておくことが大切です。英語の必要性を理解しておくことで、英語学習に対する思いや熱意も違ってくるはずです。
以下では、今後の日本における英語の必要性や、英語教育の大切さについてご紹介します。
続きはこちらから→

2016/1/29 日本とは少し違う? 海外のイベント事情 - お正月編

1年の始まりを感じられるイベントといえば、やはりお正月です。毎年、お年玉がもらえるこの日を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか。お正月に対する考え方は、すべての国で共通していると思われがちですが、実はそうではありません。日本国内であっても地方によって若干の違いがあるように、日本とアメリカ、その他の国々とでは、考え方はもちろん、年末年始の過ごし方にも違いがあります。
そこで今回は、アメリカを例に、「日本と異なるイベント事情・お正月編」をご紹介します。
続きはこちらから→

2016/1/20 おすすめ英会話学習法! “映画鑑賞”の魅力と効果

「英会話を楽しく学びたい」、そうお考えの方は多いのではないでしょうか。英会話を楽しく学ぶための効果的な方法のひとつとして、“映画鑑賞”が挙げられます。映画そのものを楽しみながら英会話を学ぶことができるため、気軽に学習を続けることができます。
続きはこちらから→

2016/1/14 「まずは気軽に始めたい」 そういう人には英語手帳・日記がおすすめ!

東京や大阪、名古屋、福岡などの都市圏を中心に広がりつつある日本社会のグローバル化。そんななか、日本では2020年に東京オリンピックが開催されます。このビッグイベントは大きな経済効果をもたらすといわれており、それと同時に、今後の英語教育も大きく変化することが予想されています。なお、すでに文部科学省は、この変化に迅速に対応すべく東京オリンピックの開催が決定した翌年、2014年から教育改革を進めています。
続きはこちらから→

2016/1/08 東京オリンピックを機に変わる? 今後の英語教育について

使える英語を身につけるためには日常的に英語と触れ合う機会を設けることが大切です。
具体的な方法としては、英語手帳や英語日記の活用が挙げられます。これは、日頃の心がけひとつで気軽に始めることができる学習法で、工夫次第で効果的な学習が可能です。以下に、これらを活用するメリットや学習のコツについてご紹介します。
続きはこちらから→

2016/1/04 普通の英語とどう違う? 詳しく知りたい! “ビジネス英語”について

英語が将来に必要だと広く叫ばれるようになった昨今、“ビジネス英語”という言葉も頻繁に聞かれるようになりました。たとえば商業の中心地でもある東京や大阪をはじめとして、現在では英語スキルを必須とする企業が増えてきているといわれています。
続きはこちらから→

2015/12/28 職業タイプ別に見る 事前に身に付けておくべき英語力

グローバル化が進む今、将来は英語を使う仕事に就きたいと考える方は多いのではないでしょうか。そんな背景から、東京・大阪をはじめ、全国にあるインターナショナルスクールの人気が高まることが予想されます。
英語を使う仕事としては、翻訳家やツアーコンダクター、キャビンアテンダント、バイヤーなど、実にさまざまなものがあげられます。
続きはこちらから→

2015/12/21 英語力向上を目指すなら “音読”を徹底すべし!

英語力を高めるために単語をノートに書き写したり、問題集を解いたり、空いた時間を使って英会話CDを繰り返し聞いたりと、学習法は人によってさまざまです。しかし、なかには「どれだけ勉強しても英会話が上達しない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。こうした悩みの解決には、ある学習法が有効です。
その学習法は、“音読”です。
続きはこちらから→

2015/12/18 日本とは少し違う? 海外のイベント事情 – クリスマス編

日本だけでなく、世界各国でメジャーなイベントとして認知されているクリスマス。日本の場合は、家族や恋人、友人と過ごすことが一般的となっていますが、それは海外の場合も同じなのでしょうか。ここでは、世界各国のクリスマス事情や、クリスマス時に使える英会話などについてご紹介します。
続きはこちらから→

2015/12/14 有効な英語教育のひとつ“語学留学“について知る

グローバル化が進む現代では、国際的に活躍できる人材を増やすために英語教育が盛んに行われています。一口に英語教育といっても、方法はリスニング学習や英会話スクールへの通学などさまざまです。今回は、そのなかでも効果的な英語教育法といわれている“語学留学”についてご説明します。
続きはこちらから→

2015/12/07 アメリカで働きたい人必見! 事前に身に付けておくべき5つのスキル

日本とアメリカでは文化や価値観などが大きく異なるため、一度日本から飛び出してアメリカに渡ることで、さまざまな面で大きく成長することができます。こうした理由から、将来はアメリカで働きたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
続きはこちらから→

2015/11/30 覗いてみよう! 世界各国の英語教育 - スイス編

アメリカのように複数の州から成り、それぞれの州が自治権を持っているスイス連邦。地理的・歴史的な理由からスイスは公用語が多く、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語が話されています。グローバル社会になるにつれてスイスでも英語の重要性は高くなっており、連邦政府は英語教育に力を入れています。しかし公用語が多い関係で、スイスでは英語教育に難航しているようです。
続きはこちらから→

2015/11/24 日本経済に英語教育(実践的英語力)が必要とされている「5つの理由」とは

経済のグローバル化が進行し、産業・ビジネスの環境がめまぐるしく変化する中、貿易立国である日本では以前にも増して英語の必要性が高まってきています。それに比例して、英語で教育を行うインターナショナルスクールへの入学希望者数も増える傾向にあります。
続きはこちらから→

2015/11/17 グローバル化が進む昨今 ビジネス界に求められる人材とは?

現在、日本はさまざまな面においてグローバル化が進んでいます。日本企業の海外進出や国際的な経済活動が勢いを増し、文化交流や人的交流も増加傾向にあります。グローバル化が日本に与える影響は決して小さくなく、海外で就職する日本人の増加、反対に日本で働く外国人の増加など、ビジネス界にも大きな影響を与えています。
続きはこちらから→

2015/11/09 英語はどうやって伝わったの? The History of English in Japan

インターナショナルスクールが多くある大阪では、2011年~2013年までの3年間に渡って、小学校・中学校・高等学校ともに、大阪府教育委員会による「使える英語プロジェクト事業」が実施されました。これには、大阪の子どもたちの国際力やコミュニケーション能力を向上させる、という目的があります。
続きはこちらから→

2015/11/06 意外と知らない? “英検”の特徴とメリット

東京・大阪などの主要都市だけでなく、全国各地にて今や年間200万人を超える人たちが受験する英検。インターナショナルスクールのような学校はもちろんのこと、公立・私立の中学校や高校でも実施されています。英検の資格を取得すれば語学力の高さを公的に証明することができ、さまざまな場面で役立てることができます。ここでは、英検の特徴や、インターナショナルスクールで資格を取得することによって得られるメリットについてご紹介します。
続きはこちらから→

2015/11/02 知っておきたい! 英語学習の3つの基礎

がむしゃらに英語の教科書を読みふけったところで、必ずしも効率的に英語力がつくというわけではありません。それよりも、1日に短時間でも基礎を押さえた英語学習を続けて行った方がずっと効率的だといえます。とはいえ、これから英語を学習しようと意気込んでいる方の場合、「何を重視したらいいのか分からない」と戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。
続きはこちらから→

2015/11/26 日本とは少し違う? 海外のイベント事情 - ハロウィン編

10月に行われるイベントといえば“ハロウィン”。ゾンビや魔女など、自由な仮装を楽しめるこのイベントは、日本でも幅広い層から人気を集めています。しかし、ハロウィンを好む日本人のなかには、ハロウィンの発祥国や、イベント本来の意味を知らない方も多いのではないでしょうか。
続きはこちらから→

2015/10/20 災害時の支援をよりスムーズに! “防災のグローバル化”

大阪も被災した“阪神淡路大震災”、今もなお復興活動が続く“東日本大震災”と、大きな地震が多発している日本。グローバル化が進むなか、「次はいつ地震(災害)が発生するのか」と怯える日本人、外国人観光客の方は少なくありません。とくに外国人観光客の方は、「母国語の通じない外国で災害に見舞われるのは、絶対に避けたい」と感じているはずです。
続きはこちらから→

2015/10/16 外国人観光客を語学でもてなす…… その名も“語もてなし”

みなさんは、“語もてなし”という言葉をご存知でしょうか?これは、“語学”と“おもてなし”を組み合わせてつくられた新しい言葉です。日本を訪れた外国人観光客に、古くから伝わる“日本のおもてなしの心”を伝えるため、誕生したといわれています。
続きはこちらから→
OPEN CAMPUS 2010 オープンキャンパス情報 OPEN CAMPUS 2010 オープンキャンパス情報 進路実績 英語が伸びる理由 09大阪府下 驚異の「英語偏差値」上昇率 09大阪府下 驚異の「英語偏差値」上昇率 K.I.H.S.BLOG 関西インターナショナルハイスクールブログ 学生寮のご案内MOBILESITE オープンキャンパスのお申込みもできます
海外研修旅行 アジア ホームステイ L.A

≫プライバシーポリシー

≫リンク

≫学校評価

≫情報公開

このページのトップへ