サイトTOPへ ≫ 新着情報

新着情報

2020/11/07 本校の新型コロナ感染症対策【主な対策事項】

 

本校では、生徒・教職員のコロナ感染及びクラスター発生を防ぐため、大阪府下の高校を対象としたガイドラインに則り、風邪などの症状がある場合は登校を控えるように指導しつつ、「新型コロナウイルス感染症対策マニュアル」を策定し、次のコロナ感染症対策を行っております。

 

コロナ感染防止の基本的な3つの考え方

1、コロナウイルスを持ち込まない 風邪等の症状など体調のすぐれない場合は無理をせず休む

登校時の検温・手指の消毒、人混みを避ける

2、コロナウイルスの感染を拡大させない 教室の換気、マスク着用、生徒用机・椅子などの消毒

3、コロナウイルスに対する免疫力をつける 十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動

 

 

コロナ感染防止のための対策の5つの具体事例

1)登校時の検温及び手指の消毒

毎朝、教職員が校舎入口に立って、登校する生徒の手指のアルコール消毒、そして非接触型体温計で体温確認を行っています。体温が37.5℃以上の場合は、登校は控えるように指導しています。なお、各階にアルコール消毒液を置き、こまめに手指の消毒ができるように配慮しています。

2)マスク着用

生徒及び教職員は基本的に常時マスクを着用しております。ただし、英語の発音時に表情や口の動きが見える方が良い授業など、一部の教職員はフェイスシールドで代用することがあります。

3)教室の換気

教室の窓及びドアを常時、開放し、教室の換気を実施しています。同時に空調機の常時使用、換気扇の使用、サーキュレータ・加湿器の使用も実施しています。

4)昼食時の注意喚起

原則として毎日、昼食時には、対面での食事を避け、分散して食事をするように放送を入れ、生徒の注意喚起を促しています。

5)教室などの消毒

生徒用机・椅子の消毒、ドアノブ・スイッチ、手すりなど共用部分の消毒を実施しています。本校では、HR教室での授業以外に、英語授業は習熟度別で実施しており、選択制科目もあるため、生徒用机・椅子を共用することがありますので、生徒用机・椅子は引き続き教職員が毎日、次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒しています。

 

なお、その他の項目については、「府立学校における新型コロナウイルス感染症対策マニュアル」も参考にして対策を実施しています。

 

生徒・保護者の皆さんは、詳細は下記の「新型コロナウイルス感染防止のための基本方針」をご確認ください。また、入館されるすべての人は、入館に際しては掲示物をご確認ください(発熱・倦怠感・味覚異変・風邪の症状のある方の入館はご遠慮いただいております)。

 

 

【ご参考】

生徒・保護者の皆様へ

関西インターナショナルハイスクール

                             (関西外語専門学校 国際高等課程)

校長 花畑好一 

新型コロナウイルス感染防止のための基本方針

 

新型コロナウイルス感染防止のため、学校としては感染症対策を徹底しながら教育に取り組んでいきたいと考えております。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

授業中及び日常の教育活動

1.手洗い、うがい、手指の消毒・ハンカチ持参 *学校玄関と各フロアにアルコール消毒液も使用ください

2.マスク着用【授業中もマスク着用でお願いします】 マスクは各自でご用意ください

3.教室の窓の常時開放・換気【寒く感じる時もあるかと思います。各自で羽織るもの等をご用意ください】

4.3密を避ける意識 対面での会話を避け、最低でも1m以上の距離を取るように意識して行動して下さい。

 

体調が良くない場合

1.「37.5℃以上の発熱がある場合」「咳など風邪の症状がある場合」登校は控えてください

   地域のクリニック等で診療を受け、医師による「診断書」「意見書」がある場合、病状・病名

に関わらず、公欠扱い(4日間)とします。*下記要領で事前連絡がない場合、公欠扱いはできません

    A)公欠扱いを希望する場合、朝 9:00 までに「さくら連絡網」で次の事項をお知らせください。

1)欠席すること

2)症状

3)医療機関で診察を受けること

*お電話の場合、8:30?9:10 の間に学校に連絡ください

    B)「診断書」「意見書」(写真あるいは PDF)を当日中にライン・メールで送信ください()

*原本は復帰後3登校日以内に提出ください      あるいはファックスで送信ください

2.授業中等に発熱(37.5℃以上)、咳など風邪の症状がある場合、即、帰宅していただきます

*帰宅指導を行う場合、保護者に連絡しますので、協力お願いします。

*万が一の場合に備え、保健室では休養・待機できませんので、予めご了承ください。

 

臨時休校措置を取る場合

1.文部科学省あるいは大阪府から休校要請あるいは指示が出た場合

2.KIHS 生徒・教職員及び同居する家族いずれかに感染が確認され、保健所の指導がある場合

3.その他、この地域で感染が拡大するなど、生徒の安全のため休校措置を取る必要があると学校が判断した場合(「さくら連絡網」でお知らせします)

   *臨時休校措置は1日から1週間程度実施します(保健所の指導により延長もあり得る)

   *臨時休校措置を取った場合、年間行事予定表に大きな変更を加えることがあります

(一部省略)

生徒・保護者の皆様へのお願い事項

学校では、この文書に記している事項に限らず、感染防止策を検討し、できることから実施していく所存です。一方、生徒・保護者の皆様のご協力も必要です。以下の点ご協力をよろしくお願いいたします。

1.登校前の検温・検温表の記入(毎朝、体温を測ってください。通常と異なる場合は、登校を控えてください)

*検温表は週1回程度、学校に持参してもらい、確認します。学校でも検温します。

2.手洗い・うがいの励行(自宅においても心掛けてください)

3.学校、電車など公共交通機関使用時及び人混みでのマスク使用、咳エチケットにご留意ください。

4. 抵抗力・免疫力の維持・向上(疲れすぎないように、十分な睡眠・適度な運動など自己管理をお願いします)

5.放課後は、人混みの多い場所等には立ち寄らず、できるだけ早く帰宅するようにしてください。

6.現在かかりつけ医に通院している人は、主治医の先生に新型コロナに関する留意点や薬などについて確認しておいてください【ご家庭での対処に加えて、学校で留意すべき事項がある場合は、担任あるいは保健室看護師(宮崎先生)にご連絡ください】

7.生徒本人・ご家族で感染が確認(疑いを含む)された場合、あるいは濃厚接触者が出た場合、すみやかに学校にご連絡ください。

 

「世界保健機関(WHO)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な症状として発熱、倦怠感、空咳を挙げているほか、呼吸困難やうずき・痛み、喉の痛み、下痢、吐き気、鼻水の症状も報告されています。その他、無臭症()が多数報告されています。嗅覚と味覚がなくなることで、「味がない」「臭いがしない」などの症例

 

「いつもと違う!?」 「変だな!?」と思ったら無理をせず、ご自宅で休むようにしてください。  

 

以上、生徒の安全の観点より皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

 


≫プライバシーポリシー

≫リンク

≫学校評価

≫情報公開

≫いじめ防止基本方針

このページのトップへ