大阪 関西インターナショナルハイスクールブログ | KIHSブログ

KIHS 30期生卒業式[3年3組 南先生]

2020年度の卒業生は、オンライン授業をはじめこれまで経験したことのない多くのことに遭遇するという、新型コロナに翻弄される一年を過ごしましたが、それぞれがしっかりと自分と向き合い、自分の進路を決定しました。そんな彼らを誇りに思っています。

 

以下、卒業式でのスピーチ

All the world’s a stage,

And all the men and women merely players:
They have their exits and their entrances;
And one man in his time plays many parts,

「すべてこの世は舞台, 男も女も人みな役者, 退場があり,また登場があって, ひとつの人生にいくつも役を演じる運命(さだめ)。」

 

これは、ShakespeareのAs You Like It 『お気に召すまま』という喜劇の中の台詞です。

これからの新しい生活に夢いっぱいのあなたたちだとは思いますが、なかなか自分の描いた筋書き通りにいかないのが「人生」。思いもよらぬことが起こって、それまでとはまったく違う道でまったく違う役割を演じることになったりもするものです。実際みなさんの中には、新型コロナやその他のさまざまな理由で、それまで考えていたのとはまったく違う進路を選んだ人も少なくないと思います。

「進路は決めたけど、これでよかったのかな」とまだ不安に思っている人もいるかもしれません。でも心配はありません。人間はみんなすごい超能力を持っていて、AかBか迷ったときには必ず正しい方を選んでいるらしいです。「え、そんなことないわ。これまでもあっちにしといたらよかった!って悔しい思いすることあるで!」という人がいるかもしれませんが、実はあっちにしてたらもっとたいへんなことが起こってるそうです。ですから、自分の選んだ道を信じて、そこで思いっきり頑張ってください。

この人生という舞台では、うれしいことや楽しいことばかりではなく、悲しいこと、辛いこと、悔しいこともたくさん経験することになります。

でも、どんな人生も結構捨てたものではなくて、腐らずに前を向いて誠実に一歩ずつでも前進すれば、かならず光が見えてきます。

あなたたちの舞台からは退場する人もいれば、舞台が転換するときには、かならず新しい登場人物との出会いがあります。

私は自分の人生を豊かにしてくれるのは、いつも人とのつながりだと思っていて、自分のもっているネットワークがいちばんの宝物です。人との出会いで、自分の人生が急転換したり、世界が大きく広がったりということをたくさん経験してきたからです。わたしにとっては、ここにいる卒業生の皆さんとの出会いも、大きく視野を広げてくれたできごとでした。あなたたちにも、これからの人生に登場する人たちとのつながりを大切にしてほしいと思います。

どんなときでも、あなたの一度きりの「人生」という舞台で、自分の役割に誠実に、すてきな主人公でいてください。

あなたたちの舞台の中で「ほんの端役」ででも登場できたことは、私にはとても幸せな思い出です。

卒業おめでとう!

 

3年3組担任 南 美佐江

 

↓本校HPはこちら

大阪のインターナショナルスクール
大阪のインターナショナルスクールなら

関西インターナショナルハイスクール
〒545-00053 大阪市阿倍野区松崎町2-9-36
帰国生・帰国子女受け入れ校
高校卒業資格(2019年4月より併修先の高校がNHK学園高等学校から科学技術高等学校に変わりました。)

関連記事

アーカイブ

Calender

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ情報