大阪 関西インターナショナルハイスクールブログ | KIHSブログ

2016年度第1回英検合格を目指して!二次試験対策を実施

英検二次対策

今年度から英検の筆記試験に変更点がいくつか加えられ、少し大騒ぎになりました。しかし、以前このブログで書かせてもらったように、( http://www.kihs.jp/blog/2016/06/11/2016-eiken-renewal/ )怖いことはありません。しっかりと対策をすれば程度の点数と合格を取れるはずです。1次試験の詳しい変更点や対策方法などの詳細はこちら:http://www.kihs.jp/blog/2016/06/11/2016-eiken-renewal/

 本校の2次試験の英検合格状況

今年度から英検の筆記試験が大幅に変わりました。先月実施された英検1次試験では3級で合計5名、準2級で6名、2級で14名、準1級で3名、そして1級で1名の合格者が出ました。今年度は去年度と比べて入学した際の1年生の英検2級と準2級取得率が高かったため、合格者数が少なくなりましたが、その影響があるのか2級の合格者は今年増えました。引き続き皆さんに粘り強く試験合格に向けて頑張ってもらいたいです。

2次試験の合格を目指して

試験内容が面接でスピーキングの力だけが評価されます。4・5級は合否に関係なく受けられる面接が追加される以外に大幅の変更点はありません。3級以上の受検生で以前面接を受けたことのある人は、ある程度安心して面接に臨めると思います。ポイントは特定の文法事項を抑えることができるか、だまりこまらないか、発音、イントーネーション、内容の理解及びカードを時間内で読めるかどうかなどです。一度過去問題集にある面接カードを使って入室から退室までの流れを再現すると本番に強くなります。

本校での英検2次対策

1次対策の続きに、もちろん本校では2次対策も行います。放課後などに少人数で面接の指導を受けることができます。(希望者制)

例えば準2級の対策ではまず6分の面接の流れを確認し、聞き取れなかったときなどのフレーズを復習します。音読練習を終えた後、準2級で良くでる現在進行形を使う練習を沢山します。色んな行動を取っている人が複数描かれている絵を見て、by (verb)ing~を使いながら彼らが何をしているかのできるだけ沢山説明するのは初めての人にとっては意外と難しいです。

態度も全体の一割の評価対象なので積極性、明瞭な音声、自然な反応(スムーズ、間がない)相手の顔を見ること、口を大きく開けてしゃべること、などの話もしていきます。あと数点で合格できなった生徒の多くは態度で点数を落としているのをこれまで多く見てきたので、今回の試験ではそういう生徒がないことを願います。頑張って!

Eiken0710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語科 朝倉理惠

↓本校HPはこちら

大阪のインターナショナルスクール
大阪のインターナショナルスクールなら

関西インターナショナルハイスクール
〒545-00053 大阪市阿倍野区松崎町2-9-36
帰国生・帰国子女受け入れ校
高校卒業資格(NHK学園高等学校との併修制度による)

関連記事

アーカイブ

Calender

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ情報